CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dvix


毎日更新って大変だ!

<< ピュア・エレクトリック・ソウル | main | ( ̄□ ̄;)ガーン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おとーさん、判子押して!
宿直明けで昼前に帰宅し、
部屋で少し昼寝でもしようと思っていたところに長男が帰宅。
開口一番、「バイクの免許を取りに行くから、クレジットの保証人になってくれる?」
開いた口がふさがりませんでした。
バイクに乗りたい気持ちはよーくわかるし、バイクに乗る事に反対する気もありません。
けれど、思いつきで免許を取りに行こうと友達と合宿教習所のパンフで盛り上がり、
親に何の相談もなくクレジット会社の申込書を請求した長男の浅はかさに腹が立ちました。
もちろん、本人がバイトして払うつもりなのですが、
免許取ったらすぐにバイクが欲しくなるでしょ?
免許の為にローンを返済している間は、バイクのローンは払えないのだから、
まず、免許所得にかかる12万円くらいの費用をバイトして貯めて、
自力で免許を取ってきなさいと説明し、話をご破算にしました。
自力で免許を取ってこれるのなら、バイクのローンは組んであげます。
買ってあげる気は更々ありませんので、自分でローンを払ってもらいます。
リスクが大きいバイクに彼女を乗せて走るわけですから、
乗るバイクは250CC以上の安定のよいモノしか認めるわけにはいきません。
ローンと維持費を支払えるようにバイトの時間を増やさなければなりません。
今みたいにずーっと彼女と遊んでいられなくなります。
お前、そこまでしてバイクに乗りたかったっけ?
自転車の二人乗りが辛いから
「バイクがいいね!」
くらいのノリだったら止めておきなさい。

バイクは親が勧めて乗るものではありません。
出来る事なら乗らないで欲しいと願っています。
毎年、どれくらいの青年の命がバイクと共に散っていくのでしょうか。
運が良ければ生き残る。若者にとってはそんな危険な乗り物なのです。
僕は友達を亡くしました。僕自身も大怪我をしたことがあります。
だけどとっても魅力的な乗り物なのは間違いありません。
完全に趣味の世界の乗り物です。
息子達が18になったら、車の免許は取りに行かせるつもりです。
車の免許は当然資格として通じるからです。
けれど、バイクの免許は必要性が全くありません。
せいぜい、バイク宅急便のドライバーになれるくらいなものです。

「どうしてもバイクに乗ってみたい!」
そんな思いがあるのなら、止める理由はありません。
自分で経済的なリスクを負ってバイクに乗るのであれば、
きっと安全運転してくれるでしょう。

そろそろ人の命を預かるという意味を真剣に息子達に教える時期が来たようです。

| Family | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:40 | - | - |









http://junkdad.jugem.jp/trackback/433