CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dvix


毎日更新って大変だ!

<< 時間の使い方。 | main | やったね! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
R-15指定


で、観ました。
「ランボー 最後の戦場」
いつもの如く、映画のあらすじは省略。
どーせコピペになっちゃうし、
公式サイトのほうが遥かに詳しいから。
興味ある人はそちらへどうぞ。

感想を述べます。
グロいです。
かなりのものです。
落ち込んでいる方は見ないで下さい。
15歳以下は見てはいけないとなっております。
シルベスター・スタローン自身も見るのが辛い映画だと申しているそうです。
元々、ランボーという映画自体が暗いんです。
殺戮兵器として育成された人間凶器ランボー。
何のために生きて戦うのかがわからないまま、
葛藤しながらも戦場に立ち、
無数の敵を殺しまくります。
正義のためと信じてただひたすら殺人をしていくランボーを見ていると、
何が正義で何が悪なのかが分からなくなってしまいます。
今回はミャンマーの軍事政権によるカレン族迫害のシーンがあまりにも残酷なので、
「ミャンマー軍全員を殺しちゃって〜ランボー!!!」
と観客全員が皆殺しを応援してしまうシナリオになっております。
正義の味方として立ち向かうというヒーロー色が濃くなっています。
とにかく残酷なシーンが多い映画です。
ランボーの殺人の手段も惨忍なのですが、それは許せるというか、
「やったゼ!ランボー」と更なる残酷な殺し方を期待したくなる設定になっております。
血で血を洗うとは正にこの事。
シルベスター・スタローンの顔がポール・マッカートニーみたいなたれ目だから、
怖く見えないんだよね。
ランボーが鬼の形相をした顔であの体だったら、完全にヒールです!
最強の殺し屋ですゼ。お嬢ちゃん!

感想でした。
くれぐれも、落ち込んでいる時には観ないで下さい。
痛快活劇ではありませんから。
| Diary | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:20 | - | - |









http://junkdad.jugem.jp/trackback/567